架空請求被害への対処法はコレだ!

ツークリサイトの被害に遭った時の対処法

 

「助けてください!興味本位でクリックしたら、アダルトサイトに登録してしまいました!」

 

「大至急!間違ってアダルトサイトに登録してしまい、高額な利用料を請求されて困っています!」

 

最近、Yahoo知恵袋や教えてGooなどのQ&Aサイトを見ると、このような投稿がアダルトカテゴリー内に多数あるのを頻繁に見かけます。

 

このような相談内容を投稿している人たちは、いわゆるツークリサイトと呼ばれる、悪質な詐欺サイトの被害者たちです。

 

もしかすると、このページをご覧になっているあなたも、今さっき架空請求の被害に遭ったばかりで、解決策を探していたところかもしれませんね。

 

このページでは、架空請求の被害に遭った時の対処法について解説しております。

 

もし、あなたが架空請求の被害に遭い、高額な利用料金を不正に請求されて困っているのであれば、このページを参考にしてみると良いでしょう。

 

 

架空請求の被害に遭った時の対処法

 

架空請求の被害に遭った時の対処法は、至ってシンプルです。

 

ただひたすら、無視すること。

 

これが、架空請求の被害に遭った時の対処法となります。

 

ツークリサイトには確かに、入室ボタンをクリックすると、自動で契約成立になるといった内容の利用規約が記載されています。

 

しかし、あなたが間違ってサイトに登録してしまったのであれば、契約の無効を主張することが法的に可能なので、支払い要求に応じる必要はありません。

 

ツークリサイトに登録してしまうと、自分のIPアドレスやプロバイダー情報などが、登録完了画面に表示されてしまいます。

 

そのため、相手に個人情報を知られてしまったのではないかと、不安に感じるかもしれません。

 

しかし、ご安心ください。

 

たとえ、あなたのIPアドレスやプロバイダー情報が相手に知られたところで、それらの情報から、あなたの名前や住所、電話番号などの個人情報を割り出すことは不可能です。

 

ただの1個人や1企業がプロバイダーに対して、IPアドレスから個人情報を教えるよう求めたとしても、プロバイダーは応じません。

 

応じるとしたら、警察などの公権力が犯罪捜査のために個人情報の開示を要求する時だけです。

 

ツークリサイトの業者は、あたかもIPアドレスを元に、あなたの個人情報を割り出せるかのように装って、あなたを不安がらせているだけです。

 

この手口にまんまと引っかかってしまうと、本来ならば支払う必要が全くない、高額なサイト利用料を支払うハメになります。

 

しかし、繰り返しますが、相手側にあなたの個人情報はバレていませんし、また、間違ってサイトに登録してしまったのであれば、法的に契約成立の無効を主張することが可能です。

 

そのため、支払い請求に応じる必要はありませんので、架空請求の被害に遭った時は、ただひたすら無視し続けましょう。

 

ただし、もし、あなたが不安で仕方がない場合は、国民生活センターや警察に相談することをおすすめします。

 

 

国民生活センターはこちら

 

http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

 

警察庁(インターネットトラブル)はこちら

 

http://www.npa.go.jp/nettrouble/index.htm


トップページ クーポン・キャンペーン